そして、バトンは渡された

決して読書家でもないですが、本屋大賞をとった本は読んだりします。

病院の待ち時間などが多いですが、長い時には数か月もかかってしまうことも・・・。

この本も3か月ぐらいかな?今日ようやく最後まで読み切りました。

途中までは特にドラマチックでもなく淡々と進んでいましたが、

最後の盛り上がりがすごくて、目が潤んでしまいました。

一応、娘を嫁に出した父親でもあるので感覚的に入り込める本でもありました。

映画にもなっているようですので観る機会があれば見たいと思っています。

また良い本を探して、一冊手元に置いておこうと思います。

読書もたまには良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。